医者

美容のためにアンチエイジングを受けよう|口コミで基礎知識をゲット

エイジングケアの美容医療

婦人

美容医療の基礎知識

目元・口元のしわやフェイスラインのたるみなどは、早めに処置をすることで悪化するのを防ぐことができます。予防効果が高いエイジングケアとして口コミを聞いてする人が増えているのが美容医療です。例えばプラセンタ注射も、しわやたるみを防ぐエイジングケアができる美容医療の一つです。プラセンタ注射で使われているのはヒト由来のプラセンタ(胎盤)エキスなので、サプリや美容ドリンクよりも高いアンチエイジング効果があります。また、料金は一回1500円程度なので、プラセンタのサプリメントを購入よりも格安です。更年期障害対策や花粉症対策、風邪対策など美容以外でも優れた効果があり、やっておいて損はない注射と言えます。アンチエイジング目的の場合は1週間〜2週間に一回プラセンタ注射をするのがお勧めです。同じように注射系の処置ではボトックス注射も口コミで人気があります。ボトックス注射は目元のしわや顎のうめぼしじわに効果がある注射です。表情筋をコントロールするボツリヌス菌の働きによって、感情を出しても目元や口元にしわが寄らなくなり、それによってしわが形状記憶されることがなくなります。ボトックス注射も美容医療の中では安いほうで、一回5000円程度でできるクリニックもあります。ただし効果が続くのは3ヵ月ほどなので、定期的に処置を繰り返す必要があります。若いうちから継続してやっておいたほうがいいのが光治療です。光治療にはライムライトやフォトフェイシャルがあります。ライムライトは日本人の肌向けの美顔器で、低刺激な光がシミの元であるメラニン色素を分解し、肌を美白にします。繰り返すごとにくすみやニキビ跡や毛穴の開きがなくなり、透明感のあるつるつる肌になると口コミで評価が高い光治療です。もちろんアンチエイジングにも効果的で、コラーゲンの生成量がアップするのでしわの予防もできます。光治療よりもワンランク上のアンチエイジング効果を求めるなら、高周波(ラジオ波)治療がお勧めです。高周波治療にはエネルギーを照射するタイプと、針で刺すタイプの二つがあります。照射するタイプでクリニックでよく普及しているのが、サーマクールやイントラジェンです。どちらも肌に高周波をあてるだけなので、処置の仕方としては光治療と同じです。皮下脂肪のタイトニングもできるので、エイジングケアにプラスして二重顎を引き締めて小顔になりたい人にもお勧めです。針を刺して高周波をあてるタイプのマシンには、イントラセルがあります。イントラセルでは、先端から高周波が出る無数の極細の電気絶縁針を皮下に挿入します。針の先端から放射された高周波が真皮層に熱ダメージを与え、コラーゲンやエラスチンの働きを活性化させます。照射するタイプと比較すると、真皮層の深いところまで高周波の熱エネルギーが届くのが特徴です。イントラセルは皮下組織の破壊&再生能力が高く、ストレッチマークや妊娠線を消せる治療としても口コミで人気です。一回の処置でも効果がありますが、二回目以降をする場合は肌への負担を考えて3ヵ月以上の期間を空ける必要があります。